スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20160719 [任天堂売買の失敗からの教訓記録]

20160719 [任天堂売買の失敗からの教訓記録]

<メモ記録>

今回、ポケモンGOのアメリカでのiTune APP1位獲得を受け、任天堂に大きな利益が生まれるのではないかと、株価が大幅上昇した。

ただ、ポケモンGOの売り上げ(課金収益の仕組みと規模)と任天堂への収益への関係性を調べていったところ、信用売建当時(青天井のストレスに耐え切れず返信買をし、本日7/19新高値も含め)の株価はかなりの割高だという結論に至り、信用売を建てた。


まず任天堂の収益にどのくらい影響するのか試算するために、ポケモンGOの売り上げの予想について計算してみよう。
アメリカでは公開から4日で14億円を売り上げたと報道があり、アメリカ国内だけで1000億円規模の売上、日本でも同程度のパズドラやモンストが1500億円程度の売り上げを見せたことから同程度と少なくとも見積もれるだろう。また欧州やアジア圏内でも同様に人気が出ていることから500億と見積もり、合計2000億~3000億円の売り上げにつながると予想される。

マッコリー(Macquarie Capital Securities)アナリストからの引用として、配分は
30%:Apple or Google(プラットフォーム提供会社)
30%:Niantic(開発元)
(出資比率Google 25%, 任天堂 約26%, ポケモン 約26%と報道あり。)
(引用元:https://charingress.tokyo/5924)
30%:㈱ポケモン(任天堂の32%持分法適用会社)
10%:任天堂

となる。

上記の配分からポケモンGOにおける任天堂の売上高比率は30%x26%+30%x26%x32%+30%x32%+10%=29.9%となり、売上高は598~897億円となる。
ケーム運営経費(正確にはNianticに発生する費用)をこの売上高の4割と見積もると、税引き前利益は598~897億円x60%=359~538億円となる。ここに法人税率40%を差し引くと最終的な税引き後利益は215~323億円となる。
つまり、ポケモンGOのアプリから発生する任天堂に影響する売上高は897億円、最終税引き後利益は323億円程度と見積もられる。
これに、任天堂が販売予定の関連商品 ポケモンGO PLUS(35ドル販売予定)などの器械の利益が上乗せされる。世界で1000万個売れたとして、
•売上=35ドル×1000万=350億円
•利益率を4割とすると=210億円
•税引き後利益=126億
となる。

最終的に私見で見積もられる任天堂の税引き後利益は323億円+126億円=450億円となる。そして現在予想されている利益(四季報400億円)にこれらが上乗せされると、約850億円の純利益となる。
7/19での終値における時価総額(換算4兆5008億円)となり、PER52.9倍、PBR3.29倍(注意:期末値PBS利用)となる。
私の売建の日ベースでは7/12終値22840円→時価総額3兆2204億円となり、PER37.8倍となっており、割高だと判断していた。

今でも現在の売建時の時価総額は割高だと思っている。
今回の一番失敗してしまったところは、企業価値を算出したところで、群集は適正価格に収束するのではなく、“あがりそうなものは何か”という人気投票のようなものでること、つまり群集が群集をおびき寄せるネズミ算式の構想に突入しており、算出した企業価値は役にたたないということだ。
企業価値の算出はあくまで、世の中で適正に評価されていない、つまり人々が見向きもしていない企業の収益、資産を適正に算出し、安全域を確保して企業の一部を長期間保有(収益の体質が変わらず好調でありつづけるのであれば永遠に)自分たちの収益の柱、資産の土台として組み入れるためのものである。つまり、上昇相場における企業価値の使い方を間違ってしまったこと、つまり“相場”と“企業の収益・資産”それぞれとの向かい合い方を間違えてしまったことだろう。

上昇はいつ崩れるかはわからない。予想としては近日中に(四半期決算7/27をうけてなど)下落するだろう。売買代金も連日3000億円、3500億円、4000億円と上場銘柄の中で1位をとり続けているが、それはピークを迎えていることのサインでもあるだろう、過去10年の週間出来高を比較しても過去のピークの3倍近くまで積みあがっている、テクニカル指数のボリージャーバンドでも+3σを大きく突き抜けている。いつかは下げると核心があるが、どこまで上がり続けた後に下げ始めるか、不慣れな人気投票にいつの間にか参加してしまっていたことにきづいておらず、予想がつかなくなってしまった。


つまり今回の結果から学んだことは、企業の本質的価値と向かい合い、事業資質に変化がないか向きあわなければいけないところを、ミスターマーケト氏と向かい合ってしまいやり取りをしてしまったことであり、今一度投資スタイルを直さなければいけないということだ。今後任天堂の株価が、明日株価が下がろうが、売建値を下回ろうが、機会損失と思ってはいけない。また値上がったからといって逃げて正解だったという考え方も間違っている。そもそも毎日気まぐれに提示される株価に向かい合ってはいけない。企業の事業本体に向かい合うことを生活の主とし、それが安く、もしくは適正な価格で提示されているかチェックをするときのみ、株価と向き合えばいいということだ。
スポンサーサイト

20151002 [PF公開!]

20151002 [PF公開!]

さて、
”今年は去年に比べてなかなかどうして思うように資産が増えてくれないぞ!?”

と何が原因か良くわからず、乱高下する相場で右往左往しています。

そんな中、PFは
年初来比 +5.8%(日経平均 +1.8%)
と、目標の年+20%とはかけ離れています(^^;

何が原因なのか、PFを見直してみたところ、22銘柄(+株価監視用単位未満保有株19銘柄、計41銘柄!!)も保有していました。
今年は本来の資産バリュー銘柄と収益バリュー銘柄への投資以外にも、イベント投資の検証や、優待クロス(+長期保有による優待グレードアップ銘柄を探すこと)など色々なことに着目していたらこんな大量の銘柄保有になってしまっていたようです。

さて、今回は初めてPF公開させてもらいます!!
皆さんのどんな反応&コメントがあるのか、また自分で昔の投資スタンスを振り返られるように、時々公開していきたいと思います!

現在のその保有22銘柄は以下のとおりです!

銘柄 (PF比率)
8191, 光製作所 (25.4%)
5918, 滝上工 (20.5%)
6357, 三精テクノロジーズ (8.3%)
7264, MURO (5%)
6294, オカダアイヨン (4.5%)
2117, 日新製糖 (4.3%)
6875, メガチップス (3.7%)
2408, KG情報 (3.7%)
6142, 富士精工 (2.7%)
9408, 新潟放送 (2.7%)
7314, 小田原機 (2.6%)
5411, JFE (2.5%)
7460, ヤギ (2.4%)
8515, アイフル (1.8%)
7578, ニチリョク (1.8%)
6249, GCジョイコHD (1.3%)
4298, プロトコーポ (1.2%)
3001, 片倉 (1%)
5484, 東北鋼 (0.9%)
3199, 綿半ホールディングス (0.7%)
6091, ウエスコHD (0.5%)
9885, シャルレ (0.4%)

こうして数値で見てみると結構PFが偏っていました!!
このPF比率では、”チャンス!!”と思って大幅下落の際に買っていた銘柄がいくら値上がりしても、PFへの貢献度は低いはずです(^^;

また放置されたままの銘柄もいくつかありましたので、
①保有目的を[キャピタルゲイン、インカムゲイン、優待用など]に分類し直し
②常に定期的な企業分析が行えるように主力5-10銘柄にしぼる

などをして対時間あたりの投資効率を上げていこうと思います!




20150906 [調整?それとも下落?(雑感)]

20150906 [調整?それとも下落?(雑感)]

さて、先月8月26日に更新した時には
「よし、いいタイミングで仕込んだぞ!」
とは思っていたのですが、日経平均は先週一杯を使って大きく戻すことはせず、逆に底値探りをしてきましたね(^^;
9/4(金)は17,792円,▼390.23 (▼2.15%) (最安値17,608.17円(13:19))をつけてしまい、今後下落トレンドに入っていくのか、それとも調整が入っただけなのか、皆目検討がつかなくなりつつあります。

PFも年初比+2.3%
(日経+1.96%)
(TOPIX+2.63%)

とかろうじてプラスに終わっているものの、”こんなものは誤差の範囲内でしょう”としかいえないパフォーマンスとなっております(^^;

CPもほぼほぼ使い切っている状況で動くに動けない。。。
割安に思える銘柄があるのに。。。

今はあとはただ粛々と流動性も加味して割安な銘柄に乗り換えるか、下落トレンドに入るならインバースを購入していく,
もしくは現金化してひたすら、ひたすら大底値まで待つ、などを検討していこう思います。

さて、今の相場の感覚を感じてみて、ふと過去の私にとっての大きな暴落、サブプライムローンによる下落(リーマンショックの始まり)がよぎりました。
サブプライムローンの発覚により、あの時はアメリカの市場が下げ始め、2007年7月頃に日経平均が下降トレンドに入り始めました。
あの時は、
”サブプライムローンなんて対岸の話でしょ? 日本の会社の業績にはそんなに影響しないんじゃないかなぁ。これは一時的な調整だから、それほど気にしなくていいかな!強気で行こう!”
そんなことを思いながら、その後に2008年一年.~2009年2月まで続く下落トレンドの始まりとは思っていませんでした。

対岸(中国)のリセッションの兆しが見え始め、かつ日経平均も適正水準にあることから、
”もしかして下落への一歩目のスタート?”
そんな気持ちを心の片隅においてかなり慎重にトレードしています。

実は日経がだいぶ高くなってきていたことから今年の初めには投資額を半分にして投資を始めています。(残した半分は利回りは低いですが確実な投資に回しております。)
しかし2015年中にまさか日経が2万円台まで上がったり、日本の企業がここまで業績を回復し始めるとは思っていませんでした。
要は私には
”ミスターマーケット氏の気持ちを知る力なんてないこと”
”マクロ要因による企業全般の業績を予想する力がないこと”
ということなんですね(^^;

2007-2009年との私の中での違いは
”より精度の高い資産バリュー銘柄、収益バリュー銘柄の個別銘柄分析能力が若干身についている(つもり)こと”
でしょうか?
とりあえず、”(昔の)なんとなく割安そうだから保有”から”過去10年~20年を踏まえて数値的にこれだけ割安なのだから保有”と明確さを保ちながら、今保有している銘柄を精査し続けていきたいと思っています。

”退場だけは食らわない”ようにしたいですからね!

(まとまりのない雑感でした。。)









20150828 [ブラックマンデー前後の雑感(820150824.Mon)]

20150828 [ブラックマンデー前後の雑感(820150824.Mon)]

相場見たい病にかかり、やるべき本分に集中できていないこの1週間です。
ということで、ホボCPを使い切って下落局面での仕込みも終わったのであとは通常通りの投資スタイルに戻りたいと思います。

この2週間ほどの大幅下落(8/26から日経や世界各国の指数は反転しているので調整?)では、待ってましたとばかりにCPを20%ほどに高めておいたためそれをめい一杯使ってポジションを増やしました。
今はなき愛らしいこなつさんのご主人もおっしゃっているようにCPをこういった調整局面で使わなかったらただの投資(パーシャルオーナー)としての減資であり意味がありません。エボラのときの株式ショックや(引き合いに出すのは少し場違いですが)リーマンショックの時にはほとんどフルポジションからの下落に見舞われたため、それを学習し、確保していたCPを割安銘柄とアノマリーがありそうな銘柄に集中させました。
また銘柄分析能力も上がってきているのか、安心してさらに割安になった銘柄にメンタル的に攻めの勢いで躊躇せず買いにでることができるようになりました。次はもう少し調整の底値に向けて段階的に買いませるようにしていきたいと思います。

結果は現在の時点では満点ではありませんが上々。しかし気は緩められません。
ホントにこれが中国の実態経済が危ない状態ではないという確証はなにのですから、特に日経平均も高値圏(PER的には適正かやや高)にありますので、いつ日本経済が下げに転じるか、また株式市場が大幅下落&下降トレンドに入るかは分かりませんからまた早めにCPを確保する、もしくは完全にデフレに入るようであれば資金を株式市場から早めに切り上げて大底まで待機し、インバースを購入する、アービトラージと超割安&安定成長株に投資をする、といったことをしていきたいと思っています。

また私は投資を自分のやり遂げたい夢を支えてくれる経済的なパートナーと考えています。
自分の夢ではお金(今は学生で給与はなく、また将来もらえる給与はすずめの涙ですから)がついてきません。
ですから彼と一緒にがんばって行きたいと思っています。

ただ、この2週間ほどはボラリティが大きかったこともあり、日中相場に張り付いてしまっていたこともあり、本分に時間が割けなくなっていたこと、場中を集中して追っていたせいか、場が閉じてからの疲労感がひどく、その後の本分に支障が出ていました。

その悪循環を断ち切るために今一度自分のやるべきこと、長期設定の中での優先順位を見直し、良い生活循環に戻して行きたいと思います。

ということで、今日は一日日中相場をみないで、やるべきことに集中したいと思います。
投資の結果は夜に見る程度にします!

以上。



20150819 [一部上場候補銘柄]

20150819 [一部上場候補銘柄]


Minoriソリューションズ(3822)
(情報・通信)独立系システム開発会社。基幹・Web系に強み。イーウェーヴとの合併で誕生。三菱系に実績

[指数](@2015/08/19)
PER:13.47
PBR:1.67
配当利回り:2.45%、総合利回りは3.70%(@分売価格)

(東証一部昇格条件の2000名越えを目指して!!)
[株主数]
3月末の株主数:1,960名

[優待]
優待状況:6月に優待新設
優待内容:9月に優待(100株で1000円分のQUOカード)

[その他]
6月に分割を発表
8月に立会外分売(分売数量:200,000株(1.94億円))の実施

[コメント]
株主数がまだ2000名には届いておらず、優待を新設と立会外分売を行い、一部上場に向けて準備をしているようですね。

******************************************************
綿半ホールディングス(3199)
(小売業)長野県地盤のHCと建設事業が2本柱。HC全店で食品、一部店で生鮮品も扱う。貿易事業併営。


[指数](@2015/08/19)
PER:8.66
PBR:0.99
配当利回り:1.49%、総合利回りは3.70%(@分売価格)

(東証一部昇格条件の2000名越えを目指して!!)
[株主数]
3月末の株主数:3942名

[優待]
優待状況:8月に優待新設
優待内容:9月に優待
①ポイント2倍カード、②2,000円相当の長野県特産品、③2,000円を当社指定の団体へ寄付、の中から1つ。

[その他]
2014/12月に新株式発行並びに株式売出(分売数量:1,400,000株(発行価格640円、8.96億円))の実施

[コメント]
以前からHPに株主優待項目が記載されていたのは投資家の中でも話題になっていましたが、ついに優待新設が
発表されました。3月決算の会社がわざわざ9月に優待を新設しているのも一部昇格への意気込みの表れですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。