FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131007 [少しずつ更新していこう!+9/27時点のパフォーマンス]

20131007 [少しずつ更新していこう!+9/27時点のパフォーマンス]

ついつい、忙しさにかまかけて身の回りの事が手に着かない状況が続いています。
と更新できなかった言い訳をしている次第です。

少しずつできる範囲で色々な事をこなして行こうかと思います。

さて、最近個人投資家パフォーマンスランキングというものを見ているのですが、
多くの投資家の方々が素晴らしいパフォーマンスをあげている事にびっくりしています(^^;
年率で上位の方は200%~400%、20位以上では100%オーバーとは。
そんな方々の月次率は10%とか20%に達しているのですが、どうしたらそんな風にコンスタントに利益が出せるのか投資方法を教えていただきたいと思いつつ、今年後半は自分も時間の許す限りパフォーマンスを上げるために勉強をしていきたいと思っています。

遅ればながら、会社四季報 秋号の通読も終わり、割安だと思う銘柄をピックアップすることができました。
今季はもう少し通読も繰り返して、ピックできていない他の銘柄の内容もしっかりと読み込んで、面白そうな銘柄を発掘したいなぁ、と思っています。

四季報通読でピックした銘柄は後日、記載できたらと思っています。

今日の本題はパフォーマンスを載せることとしているので、毎月パフォーマンスを載せていけたらと思います。

年次(9月27日時点)
QOLファンド:+84%
日経:+42%
TOPIX:+42%

指数には勝つことができていますが、今後の下落局面で、指数に引きつられて落ちていかないように、キープしていきたいと思います。
一応、株式投資に関わる税率が2014年から10->20%に引き上げられることから、さまざまなところで年末にかけて確定が入ると予想され、それに伴い、10,11,12月は下降トレンドに入っていくのではないかと考えいたため、私は早めに9月中に利益を確定させ、キャッシュポジションを高めています。
そのため、今後大きく年率が上昇するかというと。。。難しいですね。100%は超えられるのか(^^;
あまり焦らず、銘柄をしっかり分析して、「これだ!!」と確信を持てるものを慎重に選びながら残りの3カ月でよりよいパフォーマンスを目指していきたいと思います。










スポンサーサイト

20131001 [ポジションをとる指標の目安]

20131001 [ポジションをとる指標の目安]


今回は指標におけるポジションの取り方について。

各市場における

信用評価損益率 (バブル>0%、売られすぎ<-20%)
東証一部 騰落レシオ(25日) (売り時>120%、買い時<70%)
暴落銘柄数(60銘柄以上出現の時は暴落銘柄から選ぶと買い時)


ただしバブルに突入していくときは騰落レシオ160を超えていくので焦って売ってしまうと、のりそびれる可能性がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。